​フードサプライチェーンの最適化

Food Supply Chain Optimization

食品流通の課題
2012年から農林水産省「食品ロス削減のための商慣習検討ワーキングチーム」などにおいて様々な取組が検討されてきました。その結果が少しずつ様々な取組に表れつつあり、商慣習として存在する納品期限(いわゆる1/3ルール)の問題については、メーカー側の賞味期限の延長、年月表示などの努力と相まって、現在、少しずつ緩和の方向に進んでいます。今後も、より多くの小売業の方たちが取り組んでいけるように、消費者も含む各方面からの後押しが必要です。
しかしながら、供給が需要を喚起すると言われる食品の特性からも、需給が完全に一致することはありえないことから、ICTを使った製・配・販連携での上流への発注情報共有の迅速化などが求められています。

 

c/o Professor Tatsuro Watanabe's Office,  Senshu Univ. 3-8 Kanda Jinbocho, Chiyoda City, Tokyo 101-0051, Japan

  • Facebook
  • Facebook

©2019 by サステイナブルフードチェーン協議会。Wix.com で作成されました。