​フードロスの削減 

Food Loss and Waste Avoidance/Recycling

​世界で生産される食料の1/3が廃棄されています。

One third of global food production is lost or wasted annually.

  2011年にFAOにより、世界の生産量の3分の1にあたる13億トンの食料が毎年廃棄されているとの調査結果がまとめられたことなどを背景に、2015年に採択された国連持続可能な開発目標(SDGs)12.3の食品廃棄物削減目標が設定されました。

 これを受けて、日本でも、2019年5月に「食品ロス削減推進法」が成立し、同年10月に施行されました。食品ロス削減推進法は、本来食べられるのに廃棄される食品ロスに関して、国、地方公共団体、事業者、消費者等の多様な主体が連携し、国民運動として削減を推進していくことを定めています。

 日本においては、世界に先んじて2001年から食品リサイクルに取り組んできましたが、この機に、より食品ロスの発生抑制を中心課題に置く新たな段階に移行することが望まれています。

 

c/o Professor Tatsuro Watanabe's Office,  Senshu Univ. 3-8 Kanda Jinbocho, Chiyoda City, Tokyo 101-0051, Japan

  • Facebook
  • Facebook

©2019 by サステイナブルフードチェーン協議会。Wix.com で作成されました。